【RPAは】RPAについてどう向き合うべきかを考察【楽しい】

こんにちは、佐藤です。
現役RPAエンジニアとして働いています。

今回はRPAについてどう向き合うべきかを、RPA推進者やRPA担当者視線でお話させてもらいます。

理由としては、RPAは外的要因で導入されるケースが多く、担当者がネガティブ思考になりがちだからです。代表的な例で言いますと、下記のようなケースです。

  1. 経営者が独断でRPAを導入した
  2. RPAを導入したけどエンジニアがいない
  3. とはいえ経営者からはRPAを推進しろと言われる
  4. 結果、ITリテラシーが高い人に無理やりRPAエンジニアを押し付ける

少なくとも私が知る、RPAを導入している企業の半分以上はこのケースに当たります。

勿論、当記事を読んでRPAについてポジティブになってほしいので、当事者となる現場の人間が、RPAについてどう向き合うべきかをお伝えして参考にしていただければ幸いです。

RPAに向き合うべき姿勢の3つの結論

RPAを導入した後、現場担当者およびRPAエンジニアは下記の内容を意識してRPAに向き合ってみてください。

  • RPAを難しいITツールとは思わず、『便利な秘書が出来上がるツール』程度に思っておく
  • 最初はロボット作りが難しいのは当たり前。新しい知識を増やすことを楽しもう
  • 業務のロボット化推進については『やらなきゃ』ではなく、『ワクワクする』にしよう

RPAを導入した経営者は、RPAを万能ツールと勘違いし、部下にもそのつもりで周知・対応してしまいがちです。

経営者から話を聞いた現場の人間も最初はそのつもりで対応するも、RPAを学んでいく過程でそうではないことが分かり、失望し、ネガティブになっていきます。

RPAは万能ではありませんし、完成品でもありません。

RPAの概要については過去に記事にしていますので参考にしてみてください。

さて、そこで経営者はともかくとして、現場の人間にはマインドチェンジしていただきます。

以下、結論を一つずつ解説していきめます。

RPAを難しいITツールとは思わず、『便利な秘書が出来上がるツール』程度に思っておく

これは私が所属している企業でRPAが推進した実例なのですが、RPAを便利な秘書として扱うことで、何となくRPAがやれることを理解してもらうという試みです。

皆さんの秘書のイメージとはどのようなものでしょうか。

スケジュールを管理してくれたり、資料を作ってくれたり。
要は、面倒な作業を代行してくれるイメージがありませんか?

具体的に言うと、『この業務は私がやらないと出来ないけど、この作業だったら特別な判断は必要ないし、教えれば秘書でも出来るのではないか』などです。

この考えこそが、RPAを上手く使うためのコツになります。

RPAをもっと簡単に、分かりやすく理解しましょう。

人はどうしても未知なものに対しては排他的になるので、『RPA』や『ロボット』や『業務自動化ツール』といった言葉に否定的になりがちです。

それよりかは、RPAを『自分の仕事を手伝ってくれる可愛い秘書』程度に思えば、必然的にやれることが限られるということが分かるでしょう。

最初はロボット作りが難しいのは当たり前。新しい知識を増やすことを楽しもう

2020年現在、RPAは民間企業だけでなく国や地方自治体にも導入が進んでいます。

しかし日本では『RPA』という言葉や概念、ソフトウェアが認知されてまだ数年の、出来たてとも言えるツールです。

新しいツールを理解するには、新しい知識を取り入れる必要があるのは当たり前です。

(最初は)RPAでロボットを作るのは難しい

ロボットを作るのに特別な知識は必要ありません。

ある一定のレベルのロボットはどんな方でも必ず作れるようになります。

この言い回しは正解ですが、受け手にとっては間違えた解釈にも伝わります。

どんな方でも作れるようになる=簡単に作れる、ではありません。

基礎的なロボットの構築が出来るようになるための目安

あくまで目安ではありますが、以下がRPAでスムーズにロボット作りが出来るようになるための習熟時間です。

  • 何からしらの開発経験者 → 10~15時間
  • excelでマクロを組める方 → 15~20時間
  • excelの関数などをある程度組める方 → 30~40時間
  • ITリテラシーの低い方 → 50~60時間

これぐらいはかかります。
その上で、日々RPAを使いながら知識を増やす方が、RPAを自由自在に操れる方となります。

RPAを理解するには時間がかかるので、長期的な展望で考えましょう。

新しい知識を習得するのには時間と根気が必要になります。

それらと上手く付き合うためには、モチベーションを維持するのが必須となります。

小さな目標を立て、少しずつスキルを習得していきながら、楽しんでRPAを使ってみてください。数ヵ月後には良い結果が生まれるでしょう。

業務のロボット化推進については『やらなきゃ』ではなく、『ワクワクする』にしよう

上からはRPAを早く推進しろと言われ、現場からはRPAを上手く使えないと言われる。
そういう中で敢えて無茶を言いますが、RPAの導入・推進についてはもっと『ワクワク』してみてください。

何のためにRPAを導入するのか

1日1時間の面倒くさい作業をRPAで解消出来たら、現場の人はどう思うのでしょうか。
月末月初の人海戦術で行う作業をRPAで解消出来たら、現場の人はどう思うのでしょうか。
ミスが多い単純作業をRPAで解消出来たら、現場の人はどう思うのでしょうか。

そこに至る過程は困難でも、目標を達成した時の現場の笑顔を思い描いてください。

やりがいのある仕事だと思いませんか?

最後に

RPAというツールに対し、期待をするのは良いことです。

しかし過度な期待は往々にして大きな失望に繋がりやすいのは事実です。RPAに対し、間違った向き合い方はしないでください。

可愛い秘書を活躍させてください。
知識の習得を楽しんでください。
未来に対してワクワクしてください。

その方が仕事が楽しくなりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です