RPAの動向を効率良く知ろう【Webサイト・SNSのまとめ一覧】

news

こんにちは、佐藤です。

RPA(BizRobo!)に携わるようになって約2年、現在はRPAエンジニア兼営業として活動を行っています。

今でこそRPAについての知見は広がりましたが、2年前はRPAというものに対して疑問ばかりでした。

  • RPAとはどういうものか
  • RPAには様々な種類の製品があるが、何が違うのか
  • 他社ではRPAを導入後、どう社内変化があったのか
  • RPAの知見を広げるにはどうすればいいのか

2年前は世間的にもまだRPAというワードのみが独り歩きしており、その中身については情報が少ない状態でした。

徐々に企業に浸透していき、2019年11月時点では、大手企業に限ってはRPAの導入率は51%にもなることが判明しています。
※MM総研より。詳しくはこちらの記事より。

これからもRPA市場は拡大すると予想されており、RPAについて知りたいという方もどんどん増えてきております。

そこで、現役RPAエンジニアとして、RPAの動向を継続的に知る上でおすすめなWebサイト・SNSをまとめました。

エンジニア、営業、社内RPA推進者、RPA導入推進者など、どんな立ち位置の方でも対象となります。
また、RPAについてこれから知ろうとする方向けに、漫画で分かるRPAについてもまとめてあります。

以下、ジャンル毎に紹介します。

ブログ・HP系

SNS系

漫画で分かるRPA

それでは早速紹介していきます。

ブログ・HP系

RPA BANK

国内最大のRPA情報発信プラットフォーム。

RPAに関連する様々なニュースや特集、導入事例が掲載されており、RPAを取り扱う方であれば必見のWebサイトです。
また、RPA製品を一覧で紹介しているため、どのようなRPAがあるかを探すのにも役立ちます。

RPA HACK

RPAに関する様々な情報を発信しています。

記事の内容は、図や写真などを取り入れて丁寧に書いてあるので、RPAについてあまり詳しくない方でも分かりやすく記事が読めます。
最近では運営会社が主催している無料のウェビナーも掲載していますので、気になるウェビナーがあれば参加するのも良いですね。

株式会社日立ソリューションズ

日立ソリューションズ社が提供。

更新する頻度は多くないけれども、RPAの意識調査やRPA導入における実態調査などの、RPAの実情を調査したレポートも発信しており、非常に中身が濃い情報を発信しています。
データでRPAをのことを知りたいという方にはおすすめです。

BizRobo! ブログ

RPAツールの一つ、BizRobo!のベンダーが情報を発信しているWebサイト。

この会社は無料ウェビナーを数多く発信・提供しているので、ベンダー主催のウェビナーに参加したいという方なら一度はアクセスすることをおすすめします。

SNS系

RPAbot @ RPAトレンド情報発信中

RPAの様々な情報をリツイートしています。

多い時には1日に10回以上RPA関連の情報を発信しているので、とにかくRPAの情報が欲しいという方はフォローした方が良いかと思います。

進藤圭_AIアクセラレーター座長@ディップ

RPAの書籍も出している、RPAのインフルエンサー。

RPAのそのものの情報というより、実業務をいかにRPA(DX)に繋げるかについてツイートしています。
違った角度でRPAについて見識を広げたい方向けです。

藤澤せんのすけ@Robo Runner/RPA HACK

RPAのインフルエンサーその2。

RPA HACKを運営している会社の社長。
この方もRPAにおける実務向けのツイートをしています。

漫画で分かるRPA

まんがでわかる RPA 夢ある未来の創り方

RPAが得意な分野について詳細に、分かりやすく漫画で描いています。

また、『RPAは万能ではない』『RPAの導入時には勉強が必要』など、リアルなことも描いているため、非常に親切。RPAについて初心者向けの漫画です。

マンガを読んで分かる「RPA」

RPAの概念について詳細に映画いている漫画。

よく混同される、RPAとAIとの違いについての説明にも力を入れています。
最終的には、RPA導入後の最大の目的である『RPAを導入することによって生産性を高める(人は人にしか出来ない業務を行う)』に収束させるのが上手い。

ただし少し難しい表現もあるため、作中分からないワードがあれば調べる必要があるかもしれません。

UiPath社公式漫画

何故RPAが必要なのか。漫画と注釈で丁寧に説明しています。

どちらかと言うと営業資料になりそうな流れでRPAについて解説しています。
漫画の中に出てくる例え話も分かりやすいのが良い。

美月のRPA奮闘記

一番漫画らしいRPAの漫画。非常にコミカルに描いています。

少し長めですが、RPA導入前の課題から導入後の課題までをリアルに描いています。
読む方によってはRPAの導入に関してマイナスに捉えてしまうかもしれませんが、それだけリアルに現場の声をもとに描いています。個人的にはかなりおすすめです。

最後に

如何でしたでしょうか。

これらの媒体からRPAに関する情報を吸い上げていけば、国内におけるRPAの情報についてはかなり網羅出来ると思います。

また、実際にRPA製品を触ってみたいという方であれば、RPAベンダーのHPへ行き、期間限定の無料ライセンスを取得してみてもいいかもしれません。

実際にPRA製品を触ることも出来るし、ライセンス発行後は、定期的にベンダーからメルマガが配信されてきますので、ベンダーからの情報も取得することが出来るようになります。

一緒にRPAについて学んでみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です